ニュース

花森弘卓(ひろたか)の顔画像「八重歯がかわいい童顔で気弱な凶悪犯」白金高輪駅

hanamorihirotakaニュース

東京の白金高輪駅で20代の男性に硫酸をかけた容疑で、現在指名手配されている花森弘卓(ひろたか)容疑者(25)。静岡市の自宅から逃走を続けています。

 

花森弘卓容疑者の顔から特徴を探ります。また、生い立ちや被害男性の様子をお伝えします。

花森弘卓の動機はため口によるトラブル「留年生にも敬語は当たり前」文春オンライン

花森弘卓の生い立ち「心を許せるのは虫だけの孤独な生活」白金高輪硫酸事件

花森ひろたかのFacebook顔画像「5年間で激太りしたオタク男」アシッドアタック

白金高輪駅硫酸事件犯人の顔写真「誰かに雇われたプロの犯行か!」

花森弘卓の顔画像「八重歯がかわいい童顔の凶悪犯」

警視庁より公開された写真は次の3枚です。5年前(20歳の頃)の写真と犯行翌日に静岡駅に現れた時の写真です。

hanamorihirotaka

hanamorihirotaka

hanamorihirotaka

全国に指名手配されて、まもなく同級生と思われる人物がTwitterに高校の卒アル写真を投稿しています。hanamorihirotaka

18歳の頃の花森弘卓容疑者です。体格はすでにがっしりしています。八重歯があり、笑顔が可愛らしい青年です。とても7年後に全国に指名手配されるような恐ろしい事件を起こすような顔には見えません。同級生のこの顔写真から、高校は静岡県内の常葉大学付属橘高校とすでに特定されています。

 

siroganetakanawaeki siroganetakanawa siroganetakanawa

 

花森弘卓容疑者の体型は小太りと報道されていました。犯行当時の写真から見ると小太りというよりもかなりがっしりした体型ではとの説が多かったですが、犯行翌日の静岡駅での写真を見ると、がっしりではなく、小太りという表現が合う、太めの体型です。

 

犯行当日は、黒のポロシャツに黒のパンツ、黒の野球帽と黒づくめだったので、かなりしまって見えていたことが分かります。

 

体格でいうと、花森弘卓容疑者は、チョコプラの長田さんにも似ているとSNSでは話題です。チョコレートプラネッツの長田さんの身長は168㎝。花森弘卓容疑者は170㎝といわれているので、ほぼほぼ体型的には同じではないでしょうか。

 

花森弘卓容疑者の体格からラグビーやアメフトの経験があるように見えますが、体格が似ているチョコプラの長田さんは高校時代は陸上部で走り幅跳びをしていました。花森弘卓容疑者もまた、陸上部で体を鍛えていた可能性も否定できません。

 

花森弘卓容疑者の顔について見てみると、カンニング竹山さんに似ているとも話題になっています。

hanamorihirotaka

 

現在は、お笑だけでなく俳優としても幅広く活動されているカンニング竹山さん。むすっとした顔が似ているのかもしれません。持ちネタのキレキャラでビシッと花森弘卓容疑者をしかりつけていただきたいものです。

 

色々の方と似ていると話題の花森弘卓容疑者ですが、やはり一番似ているのはハリーポッターシリーズに出てくる主人公のハリーポッターの同級生、ネビル・ロングボトムの幼少期ではないでしょうか。

hanamorihirotaka

ロングボトム家という名家に生まれながら、気が弱く、敵に立ち向かう気はあってもすぐに負けてしまう、優しい気持ちを持ったネビル・ロングボトム。硫酸男こと花森弘卓容疑者も近所の方の証言では「優しい穏やかな青年」とのこと。気が弱い一面もあったかもしれません。被害者男性には強い執念や憎しみがありましたが、事件前の花森弘卓容疑者は、穏やかでやさしい先輩でした。

 

顔の堀はあまり深くなく、しっかりとした眉毛、奥二重の大きな目、すっきりと通った鼻筋に、小さめの口。どのパーツもよく似ています。正義感の強いネビル・ロングボトムのように花森弘卓容疑者も自分の中で膨らんだ悪に罰を与えたつもりなのでしょうか。一生消えない傷を与えた罪は恐ろしく深いものとなりました。

 

ちなみにネビル・ロングボトムを演じたマシュールイスは、細顔のイケメンに成長しています。

花森弘卓容疑者は子供の頃の顔、そのままの童顔であることが分かります。卒アルの屈託のない笑顔をみると、心底悪人には見えません。大学時代のサークル仲間という被害男性との間にできた、深い問題とは何か、気になるところです。

花森ひろたかのFacebook

花森弘卓の生い立ち

花森弘卓容疑者は静岡県静岡市葵区の出身です。前述の通り、高校は常葉大学付属橘高校と判明しています。中学校と高校がある私立の学校で、大学にも進学することもできます。

東京都港区の東京メトロの駅で、男性に硫酸とみられる液体をかけて重傷を負わせたとする傷害の疑いで指名手配された花森弘卓容疑者(25)は、両親を病気で亡くした後、静岡市葵区の一軒家で1人暮らしをしていた。

引用元:日刊スポーツ

家宅捜索された自宅の玄関先だけを見てもかなり大きな家に1人で暮らしていたことが分かります。

hanamorihirotaka

 

医療関係の仕事をしていた両親はすでに亡くなっています。花森弘卓容疑者は両親の残した一軒家で植物につく虫の研究をしていたと近所の方は話されています。

一人息子さんでご両親からとてもかわいがられていましたよ。かわいそうに早くにお2人とも亡くなられたので、今は1人で暮らしていたようですね。ときどき道で会うことがありますが、会ったときは、「こんにちは」とあいさつしてくれてました。植物につく虫の研究をしていると聞いていました。穏やかで優しい方の印象だったので、驚いています。
花森弘卓容疑者の近所で、ご両親と親交のあった方は、穏やかで優しい方の印象といわれていました。卒アルの写真をみると、心に曇りのない顔をしています。大学で被害男性とトラブルになる前までは、穏やかで優しい方だったに違いありません。
 
花森君とは戦闘やサバイバル系のゲームをよく一緒にしていました。とても上手でしたよ。
知人男性の話では、花森弘卓容疑者は戦闘系・サバイバル系のゲームを好んでしていたといいます。コロナ禍になり、広い一軒家で一人でいる時間も長かった花森弘卓容疑者。攻撃するゲームを好み、現実世界の人も傷つける発想をふくらましたのでしょうか。
 
 

被害男性の様子

白金高輪駅で花森弘卓容疑者に硫酸をかけられた被害男性は、顔や背中にやけどを負い、全治6か月の重傷となっています。また、搬送される際には、『目が開けられない』『目が痛い』といわれており、失明の危機にもある恐ろしい状態です。

 

ヨーロッパやインドなどでも酸による攻撃、いわゆるアシッドアタック被害が多発しています。イギリスで犯人の住所間違いにより、玄関を開けた際に突然硫酸を浴びせられた被害男性は何度も手術を繰り返しましたが、瞼が閉まらないという現状に苦しみ続けています。

ryusannjikennhigaisha

 

酸によるやけどは皮膚移植という手術で治療されますが、完全に元の皮膚には戻りません。近所の方が言われる優しく穏やかな姿が本当であれば、今すぐにでも自首して犯した恐ろしく酷い罪を償っていただきたいものです。

白金高輪駅硫酸事件概要

24日午後9時5分ごろ、東京都港区白金1の東京メトロ南北線白金高輪駅で、地下2階から地下1階に向かうエスカレーターに乗っていた都内に住む男性会社員(22)が、後ろから来た男にガラス瓶に入った液体をかけられた。警視庁によると、液体は硫酸とみられ、男性は顔や背中などにやけどを負って重傷。近くにいた女性会社員(34)も転倒した際に右ひざに液体が付着してやけどした。同庁は現場から逃走した男が映っていた同駅の防犯カメラ映像を公開し、傷害容疑で行方を追っている。

引用元:毎日新聞

  • 8月24日午後9時5分ごろ
  • 東京都港区白金の東京メトロ白金高輪駅のエスカレーター
  • 都内に住む男性会社員(22)後ろから来た男にガラス瓶に入った液を体にかけられた
  • 液体は硫酸
  • 被害男性は顔や背中などにやけどを負い、全治6か月の重傷
  • 近くにいた女性会社員(34)も転倒した際に足にやけどの軽症を負った
  • 犯人は逃走中
  • 重症の男性は「目が開かない」といっている

花森弘卓の動機はため口によるトラブル「留年生にも敬語は当たり前」文春オンライン

花森ひろたかのFacebook顔画像「5年間で激太りしたオタク男」アシッドアタック

白金高輪駅硫酸事件犯人の顔写真「誰かに雇われたプロの犯行か!」

花森弘卓の生い立ち「心を許せるのは虫だけの孤独な生活」白金高輪硫酸事件

森将貴のFacebookと顔画像「名鉄と近鉄を愛するオタク男」愛知県一宮市

コメント

タイトルとURLをコピーしました