ニュース

花森弘卓の動機はため口によるトラブル「留年生にも敬語は当たり前」文春オンライン

hanamorihirotakaニュース

白金高輪駅で大学の後輩の顔に硫酸をかけ、逮捕された花森弘卓(ひろたか)容疑者。被害男性によるとため口から一度トラブルになっていたことが判明。かなりの粘着男だった花森容疑者。文春や知人の証言などから花森弘卓容疑者の動機について深堀します。

白金高輪駅硫酸事件犯人の顔写真「誰かに雇われたプロの犯行か!」

花森ひろたかのFacebook顔画像「5年間で激太りしたオタク男」

花森弘卓(ひろたか)の顔画像「八重歯がかわいい童顔で気弱な凶悪犯」

花森弘卓の生い立ち「心を許せるのは虫だけの孤独な生活」白金高輪硫酸事件

花森弘卓と被害男性の関係

hanamorihirotaka

▲20歳の頃の花森弘卓容疑者

静岡県静岡市葵区出身の花森弘卓容疑者。県内の私立高校を卒業後、沖縄県の琉球大学農学部に進学しています。3歳年下の被害男性は東京出身で、受験した関東の大学に落ちたため、琉球大学へ進学しています。2人は映画サークルの先輩と後輩の関係でした。

「A(被害男性)は関東出身で、関東の大学を受験したのですが合格せず沖縄の大学にしたと聞きました。それでも決して腐ることなく、『いつかは起業したい』という志を持って勉強も頑張っていた。就活も誰よりも汗を流して今の会社に入り、1日100件以上も電話をかける厳しい営業ノルマを文句も言わずこなしていました。料理も得意で、から揚げを皆に振舞ってくれたり、勉強もよく教えてくれた。大学時代に交際していた女性はいましたが、女性トラブルの話も聞いたことがありません」(知人)

引用元:文春オンライン

 

被害男性のAさんは、「誰からも慕われる存在で恨みをかうような人ではない」と知人の方は話しています。そんなAさんが一度だけ花森弘卓容疑者と所属した映画サークルでトラブルを起こしていました。

「Aが入っていた映画サークルでトラブルがあり、後を引くような形になったと聞いたことがあります。それが今回の事件と関係があるかどうかまではわかりませんが……。事件を聞いて仲のいい友人が連絡をした時も『大丈夫だから』、『こうなっちゃったことは仕方ない』と気丈に振舞って事件のことは話そうとしなかったようです」(知人)

引用元:文春オンライン

 

花森弘卓容疑者と被害男性のAさんとの間に起きたトラブル、それは信じがたい内容によるものでした。

花森弘卓は後輩からため口を使われることに悩んでいた「留年生にも敬語は当たり前」

花森弘卓容疑者は被害男性の映画サークルでは先輩でしたが、大学では留年をして同級生になっていました。花森弘卓容疑者が琉球大学に通学していた2017年から2018年にかけて、匿名掲示板5chの『なんでも実況J』にて留年生にため口を使う後輩がいるというスレがたくさん投稿されています。

hanamorihirotaka

hanamorihirotaka

また、2019年には別の匿名掲示板にも同様の『大学で留年生にため口を利くバカがいるんだが』というスレが作成されています。

hanamorihirotaka

 

上記のスレを花森弘卓容疑者が作成していたかは不明ですが、被害男性が花森弘卓容疑者とため口によるトラブルを起こしていた頃とほぼ同時期に、異常な数の『留年生にため口を使うのはおかしい』というスレが作成されています。また、作成者は『そこそこの国立大学』に在学していた人物です。花森弘卓容疑者が在学していた琉球大学が『そこそこの国立大学』に当てはまるかは疑問ですが、国立大学という点では一致します。

 

花森弘卓容疑者の知人は、花森弘卓容疑者はかなりの粘着質だと話しています。

かなりしつこいタイプで、一度根に持つと長いタイプ。やられたら倍返しするといつもいっていた。(知人)
hanamorihirotaka
バンキシャでやってたけどこいつ倍返し主義者なんだよな
同級生はやばい奴だから関わらないようにしてたって言ってた
 
しつこく根に持つ性格で、あまり友達がおらず一人で過ごしていることが多かった花森弘卓容疑者なら、相談する相手がおらず、匿名掲示板にスレを作成した可能性も0ではないと言えます。信頼していた父親を亡くし、友達もおらず、誰にも相談できずに悶々と1人で悩んでいたことが分かります。
 

留年生にため口を使うのはおかしいのか

花森弘卓容疑者はもともと後輩だった被害男性からため口を使われることがとても嫌でおかしいことだと思っていました。では、一般的に留年生にため口を使うのはおかしいことなのでしょうか。SNSでは、次のような声が出ています。

hanamorihirotaka

留年生にはタメ口だよな?
 
留年したならタメ口使われてしゃーない
 
留年した人にタメ口を使うのは、やさしさでは?という声もありました。いつまでも敬語で話されると逆に1人だけ浮いた状態で、お客様状態になりかねません。しかし、タメ口を使う人は悪いという声もあります。

 

数年の年齢の差を感じるのは学生時代までです。社会に出れば、年下でも敬わなければならない相手はたくさん存在し、年下の上司の元で働き罵倒されている人もたくさんいます。25歳で現在もなお大学生だった花森弘卓容疑者にとっては、数年の差は絶対であり、『バカにされた』という気持ちが強く、恨みとして心に残っていました。

母親の教えは絶対『年長者は敬え』

亡くなった花森弘卓の母親は中国人の血を引いていたことが分かっています。

「父親は地元では有名な整体師で、母親も医療関係の仕事についていました。母親が中国の血を引いていてとても美人で目を引く存在でした。家族はとても仲がよく、夏休みなどに3人で中国へたびたび旅行に行っていた」

引用元:文春オンライン

 
中国や韓国では儒教の教えから『年長者は敬う』相手であり、『礼』を尽くす相手です。後輩からのタメ口に執心したのは、中国人の血を引く母親から、『年長者は敬いなさい』と花森弘卓容疑者は厳しくしつけられていたと推測されます。
 
 
花森弘卓容疑者の自宅付近に住む方の証言では、花森弘卓容疑者の母親はかなり厳しい方だったといいます。
 
母親は美人できれいな方でしたが、教育熱心でしつけにも厳しい人でしたよ。(花森弘卓容疑者が)子供の頃、道で会ったときに激しくしかりつけているところを見たことがあります。(知人)
 
また、花森弘卓容疑者は発達障害も疑われています。母親の教えが絶対で、その他は受け入れることはできない。1つのことに固執し、いつまでも根に持つのも発達障害からくるものでしょう。
 
『年上にタメ口を使うのはおかしいよね?』と母親に相談したとしても『そんなことは当たり前でしょ!1つでも早く生まれた相手には礼を尽くしなさい』といった答えを受けていたのは想像に難くないことです。
 
 
早くに両親を亡くした花森弘卓容疑者は、厳しくしつけられた母親の教えを守っていかなければという気持ちが強く、何年たっても許せないと恨みを募らせていったのです。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました