人物

華原朋美暴行事件「バイキングの独自取材内容」

華原朋美暴行事件「バイキングの独自取材内容」光文社は容疑者の名前を公表しないのか人物

歌手の華原朋美(かはらともみ)さん(46)が暴行被害にあい、自ら110番通報し、容疑者は現行犯逮捕されています。容疑者は光文社『FLASH』の雑誌記者とみられますが、名前や詳細は一切公表されておらず、同業者に守られている状況です。

 

華原朋美さん暴行事件について、バイキングが行った独自取材の詳細をお伝えします。

華原朋美暴行事件概要

華原は16日、タクシーに乗車中、男が乗った別のタクシーが30分以上付いてくることに気付き、品川区内で停車。近くに止まった男のタクシーに乗り込み問い詰めると暴行を受けたという。駆け付けた警察官が男を現行犯逮捕した。光文社によると、同社のスタッフで、華原への取材中にトラブルになったという。捜査関係者によると、男は雑誌記者とみられ「身に覚えがない」と容疑を否認している。

出典:サンスポ

  • 4月16日、華原朋美さんの乗ったタクシーから30分以上も別のタクシーから追いかけられた
  • 品川区内で停車し、華原朋美さん本人が問い詰めたところ、腕をつかまれるなどの暴行を受けた
  • 男は、駆け付けた警察官に現行犯逮捕された
  • 男は、雑誌記者とみられるが、容疑を否認している
  • 華原朋美さんは3週間前から雑誌記者によるストーカー被害に悩まされていた

華原朋美暴行事件現場はどこ?

容疑者の乗ったタクシーは30分以上、華原朋美さんのタクシーを追いかけて、品川区内で華原さんに追い詰められました。警視庁 大崎署が取り調べを行っているので、大崎署の管轄内で起きたと思われます。

バイキングmore より

華原朋美暴行容疑者は誰?

 

【容疑者プロフィール】

  • 名前:不明
  • 住所:東京都江東区
  • 年齢:32歳
  • 職業:会社員(光文社雑誌記者)

華原朋美さんは今回逮捕された男から3週間前からストーカー被害を受けていたと証言しています。一般人のストーカーはダメで、記者ならストーカーOKという話はありません。被害者の恐ろしさは変わりません。

光文社が自社のスタッフと認めています。どうして名前は公表しないのでしょう。ストーカーも取材の範囲内と主張するのでしょうか。

 バイキングの独自取材内容

バイキングmoreより

  • 事件を目撃した人によると、華原朋美さんは何かを必死に警察官に伝えようとしていました。ただならぬ事件の感じがした
  • 記者はまだ、光文社に入ったばかり、数日前から追いかけて取材していた。
  • 華原朋美さんは、2019年に子供を出産したばかりで、小さい子を連れているときに何度も尾行されていたので、かなり敏感になっていた
  • 記者は、「取材対象者に指一本触れてはいけない」決まりがある
  • 2台の車に尾行されていた
  • 華原朋美さんが容疑者のタクシーに自ら乗り込んで問い詰めたことは、容疑者からすると「乗り込んでこられたからとっさに・・よけるために・・」と有利にはたらく可能性がある

高橋みなみさんは現役時代、たびたび記者から尾行された経験があり、記者の人の特徴やナンバープレートをメンバーで共有していたそうです。それにしても、取材と言えば尾行してもOKという言い訳は芸能人は特に納得いかない様子で、坂上さんも「取材という体のいい言い訳が頭にくる」と言われていました。経験者だから余計に華原朋美さんの体験した恐怖が分かるようです。

 

では、なぜ、華原さんは尾行に気付いたのでしょうか。華原朋美さんの乗ったタクシー運転手の関係者によると、華原朋美さんは、最初にある場所に立ち寄りました。すると、後ろのタクシーも止まりました。「尾行されているかもしれませんね」と話した華原朋美さんは、「近くに警察署があるのでその前で止まってみましょう」と言われ、警察署の前で止まりました。するとやはり、後ろのタクシーも止まった。そこで、「完全に尾行されていますね。写真撮ってきます」と華原朋美さんはタクシーを降りて行ったそうです。

 

都内のタクシー運転手の半分以上は芸能人を乗せた経験があり、芸能人を乗せているときは「尾行されているか意識する」といいます。そして、尾行されている場合まいて逃げるか尋ねるそうです。逆に記者から尾行を頼まれることもあるとか。その場合は、運転手によりますが、そのまま尾行する方や尾行を断る方、また一旦は引き受けるがあえて信号に引っかかるようにして尾行しにくくするといった方もいました。

 

華原朋美さんは、今後どのような行動を起こすのかは、弁護士と話し合う予定としています。また、光文社側は「当社スタッフが華原朋美さんとトラブルになっている」事実は認めているものの、本人は暴行を否認しているため詳細は確認中としています。

華原朋美暴行事件の今後

華原朋美さんは全身を使って相手を止めようとしたからか左手のしびれが残っているとツイートしています(現在は削除されています)左手のしびれが病院によって診断されると傷害罪として問われることになるとか。また、ドラレコを確認して、お互いに暴行が行われていたら華原さんも任意同行を求められる場合もあるそうです。

 

現行犯逮捕されたものの、進展の報道がないのは、警察にとっても難しい案件なのかもしれません。現行犯逮捕とはいえ、暴行は立件しにくい事件だそうです。いくら入社したばかりとはいえ、雑誌記者を名乗るのであれば、最低限のルールは守る必要があります。小さな子を連れているにもかかわらず尾行される恐怖ははかりしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました